×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お金のない生活

お金のない生活

私の家は決して裕福な家ではありません。

 

 

 

主人が会社を辞めてフリーランスのイラストレーター兼漫画家になってからは、いつも余裕のない生活を送っています。

 

 

 

主人一人の働きでなんとかやりくり出来ているので、私が働けばある程度余裕を持った暮らしが出来るとは思っていますが、子供がまだ小さいため働きに出ることが出来ません。

 

 

 

保育園に入園させようともしましたが、激戦区な為それもかないませんでした。それでも何度か面接を受けたりもしたのですが、酷い所だと、面接を受ける前に子供がいることがわかると面接すら受けさせてもらえないこともありました。

 

 

 

それに我が家の財政を圧迫しているものがもう一つあります。私が独身時代から飼っている猫が何年か前に病気にかかり、それからは定期検診を病院から薦められ受けています。

 

動物の治療費や診察台は保険が利かないので、これがかなりの痛手です。

 

 

 

先生にはうちの家計が余裕をないことを伝えているので、なるべく最低限の検査で済むようにしてくれていますが、再発するかもしれない病気のため最低でも年に1回は受けています。

 

我が家の大切な家族の一員でもある為、主人も仕方がないと言ってくれてはいますが、なかなか痛い出費です。

 

 

 

病気の為に餌も病院から出る高額な餌ではないといけないのですが、これは本当に高いので市販のものと混ぜてなるべく節約しています。

 

 

 

そんな状況なので、少しでも家に余裕を作ろうと私は節約や、インターネットでのお小遣い稼ぎを日々がんばっています。

 

主人の仕事にはアシスタントや事務作業も必要なので、私がそういった面をカバーして少しでも経費を削減している状態です。

 

いくら主人が稼いでも、人件費であっという間になくなってしまっては意味がないので、これも節約の一つだと思いやっています。

 

 

 

子供が幼稚園や、小学校に入学した頃には働きに外に出られると思うので、それまでの辛抱だと思い、毎日やりくりをがんばっています。